面持の形相は最高峰肝要かつ自分の人間生のゴールを決めるといっても過言ではない

ふたりの休日がそろった太陽、どこかに出掛けてみたいねって、中心人とショップの電気屋ちゃんに行ってみました。

我が家の冷蔵庫は、とっても大きくて古くさいのです。
フロンガスが行動タブーになったのを受けて、新しいテンションに容易い冷蔵庫用の瓦斯が出来てすぐに取り替えた物品だからだ。
ざっくり15年は経ってるかなぁ、いつまで冷えて受け取るかなって、時々気になっている。

我が家の冷蔵庫はいつも冷蔵室はすかすかで余りがあって、冷凍室はぎゅうぎゅうだ。
それを踏まえたら、冷蔵室は最近より小さくて、冷凍室は今のより大きい物品がほしいね、そんな我儘な物品、あるのかな。
そう思って見に行ったのです。

細いキッチンに混ざるレンジじゃないとストップっていう統制もあるのでふたりでカナリ真剣になってました。

「いらっしゃいませ。冷蔵庫をご探査ですか?」

笑みが爽やか店員さんが声をかけてくれました。

「冷凍室が100リットル以来あって、冷蔵室は150リットルくらいで、レンジは60センチ以下の小型な冷蔵庫は無いかと探してます。」

正直に私たちのリクエストを述べたら、爽やか店員さんの笑みの眉間にシワが寄って不思議な形相になってしまいました。

あっ!
やっぱりワガママ過ぎて無いんだ!

回答を聞かなくても解ってしまいました。
DCCでムキムキになったので自信がつきました。